Foreign language

町民憲章

最終更新日:2017年7月13日 登録

町民憲章

わたくしたち草津町民は、恵まれた郷土の自然と千古の昔から尽きることなく、こんこんと湧きいでる豊富な温泉に感謝し、先人の偉業を受けついで、明るく豊かな住みよい文化観光都市を造るため国際的視野と未来への展望に立ってここに町民憲章を定めます。
昭和54年(1979年)10月1日制定

この町民憲章の典拠は、ドイツのローテンブルグ市にあるシュピタール門に刻まれた銘文「PAX INTRANTIBVS SALVS EXEVNTIBVS」を東山魁夷画伯が翻訳されたもので、画伯のご厚意により承認をいただき町民憲章として制定したものです。

このページに関するお問い合わせ

愛町部 総務課


電話番号:0279-88-0001


FAX番号:0279-88-0002


PAGE TOP