Foreign language

火災が発生したときは

最終更新日:2017年9月26日 登録

家庭は、家族の憩いの場であり、どこよりも安全でなければなりません。
しかし、そこに住む人のちょっとした油断や、不注意から思わぬ火災や事故が発生します。お互いに注意し合って火災や事故から生命や財産を守りましょう。
●火災が発生したら
1.早くしらせる
 「火事だー」と大声を出してまわりの人に知らせるとともに急いで119番(消防署)へ通報して下さい。
 2.早く消火する
小さい火のうちにすばやく消火(初期消火の限界は天井に着火するまで)して下さい。消火器
など消火の備えをしておきましょう。
3.早く逃げる(煙りを吸わないように)
天井に火が移ったら、すばやく避難して下さい。(煙りはあなたより早い)

●火災通報(119番)のしかた
火災を発見したときは、誰でもあわててしまい、普段何でもないことができなくなってしまいます。 火災を発見したらあわてずに落ちついて119番通報してください。

●携帯電話からの119番通報のしかた
携帯電話からの火事や、救急の119番通報は、高崎市の高崎指令センターにつながります。
相手が出たら、「吾妻郡の草津町」と告げて、落ち着いて状況を応答して下さい。

 お問い合わせは 西部消防署へ 88-0119
 

火災通報の要領
消防署の問いかけ 通報者の通報内容
消防署です。火事ですか?救急ですか? 火事です
場所はどこですか? ○○区の○○番地です。
近くの目標物は? ○○ホテルの前です。
何が燃えていますか? 二階建ての住宅が燃えています。
あなたの住所氏名を教えてください? ○○区の○○○○です。
電話番号は? ○○○○番です。
はい わかりました。  

 

このページに関するお問い合わせ

愛町部 総務課


電話番号:0279-88-0001


FAX番号:0279-88-0002


PAGE TOP